静電塗装、焼付塗装、粉体塗装、その他特殊な塗料なども対応可能です!

コラム

【大阪】特殊塗装で建材の高強度・耐久性アップ!撥水塗料のメリット

「金物」と聞いて、皆さんはどのようなものを思い浮かべますか?鍋や釘などの金属製の道具を想像する方は多いでしょう。しかし、金物の範囲は幅広く、取っ手や蝶番(ちょうつがい)など住まいに関するものも金物と呼ばれています。そうした住まいの金物は「建築金物」と呼ぶのが一般的です。今回は、そもそも建築金物とは何かを解説いたします。

また、表面に当たる水分から製品を守る塗装である「撥水塗装」のメリットについても、大阪で特殊塗装を行う有限会社関西美装工業がご紹介します。

建築金物って?貴重品から日用品になったことで変わる金属の役割

ドアの取っ手

建築金物は、建築で使用する金属製の建材のうち、建物の構造部分や屋根、配管設備などで使用するもの以外を指します。建築金物と呼ばれるものは、鉄製やステンレス製のものが代表例として挙げられます。具体的に、以下のようなものがあります。

  • ドア錠
  • 取っ手
  • 蝶番
  • ドアクローザー
  • 引戸錠
  • カーテンレール
  • 吊り車
  • ステー
  • 物干金物
  • 外気の換気口
  • 側溝用のフタ

金属材料と加工技術は、ヨーロッパ、アジアなどに広がり、日本へは紀元前200年頃に大陸から入ってきました。日本に製銅技術が入ってきた当初、金属はとても貴重なものでした。祭器や装飾品だった金属が、お金として使われるようになったのは6世紀頃のことといわれています。

その後、製銅技術は発展し、量産出来るようになったことで、私たちの生活は便利で豊かなものになっていきました。金属はお金だけでなく刀や大仏、そして日用品にも使われるようになっていったのです。

金属は加工しやすい高強度な建材です。しかし、金属は素の状態では錆びやすいのが弱点でもあります。そんな金属のデメリットをカバーするために行われるのが、塗装です。

塗装の役割は見た目だけ?塗装の目的と撥水塗料を使う2つのメリット

メリットと書かれた看板

特殊塗装は見た目をよくするために行うというのが一般的なイメージではないでしょうか。しかし、塗装の役割はそれだけには留まりません。塗装は表面を保護し、高強度を持たせ長持ちさせるという役割を担っています。

子どもの頃に、工作でニスを塗ったことがある方も多いでしょう。ニスには、作品の見た目の美しさと保護の2つの目的があるのです。特に雨風や紫外線にさらされる屋外に設置するものには、高い耐久性が求められます。特殊塗装をすることで高強度かつ耐久性をアップし、品質を保っているのです。

塗料の中には、水を弾く撥水塗料というものがあります。建築の構造にも使われる鉄は、腐食に弱い金属として知られています。撥水塗料でコーティングすれば、鉄を空気や水から遮断して錆びにくく出来るのです。また、水を弾くことで汚れ防止につながるメリットもあります。汚れがたまるとカビの栄養源となり、別の汚れの原因になります。撥水塗料を施せば、水だけでなく汚れやカビ防止にも役立つのです。

大阪にある有限会社関西美装工業では、撥水塗料を使用した特殊塗装にも対応しています。塗装に関することは、お気軽にご相談ください。

建材に撥水塗装を!高強度にするなら特殊塗装を

大阪で特殊塗装を行う有限会社関西美装工業には、金属の性質を知り尽くしたプロが在籍しています。建材関係や建築金物だけでなく、素材や目的に応じた塗料を提案することが可能です。適した塗装を施すことで、建材は長持ちさせることが出来ます。他社で断られた案件でも対応出来る場合がありますので、まずはご相談ください。

大阪エリアで特殊塗装を承る有限会社関西美装工業は、技術力・対応力には自信があります。充実した設備で細やかな対応が可能ですので、大阪で特殊塗装業者をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

大阪で特殊塗装のご用命なら有限会社関西美装工業へ

会社名 有限会社関西美装工業
代表 山岸 勇介
住所 〒577-0063 大阪府東大阪市川俣2丁目5-17
TEL 06-6782-0037
FAX 06-6782-0103
URL https://www.kansai-bisou.com
事業内容 焼付塗装
資本金 700万円
設立 1971年2月