静電塗装、焼付塗装、粉体塗装、その他特殊な塗料なども対応可能です!

コラム

【大阪】特殊塗装の役割や撥水・防水・親水の違い 高強度塗料の依頼も可

特殊塗装を含め塗装をすることで、利用する建材を守り、長く使うことができます。ここでは塗料の役割や、撥水・防水・親水の違い、高強度塗料・撥水塗料といった、プラスの効果を持つ塗料の活用についてもご紹介します。

東大阪市の有限会社関西美装工業では、様々な特殊塗装を小ロットからお受けしております。大阪近郊で塗装を検討している方は、高強度塗料や撥水塗料の活用方法をご覧いただき、お気軽にご依頼ください。

塗装をすることで建材を守る

青空に浮かぶエクスクラメーションマーク

日常で用いる建材には様々な塗装が施されています。塗装をすることで得られる効果や代表的な塗料についてご紹介します。

建材を守る

塗装の最も大きな目的は、この建材を“守る”ということです。守る塗装の代表的な塗料として「高耐候性塗料」があります。「高耐候性塗料」とは、屋外に使用する建材によく用いられ、塗料によって紫外線や雨風での劣化を防ぎます。このように塗装をすると、建材が受ける様々なダメージから守る効果を付加でき、長く使えるようにすることができます。

建材に機能を付加

2つ目の目的は、建材に“機能を付加する”ということです。イメージしやすいのは、防音や防水、防虫や断熱などでしょうか。様々な機能を追加できる機能性塗料を用いることで、同じ建材でも、使う場所に応じた機能を付加することができます。代表的な例としては「落書き防止塗料」です。ステッカーなどを粘着しにくくしたり、インクを弾くなどの機能を付加することで、落書きされにくい・されても補修しやすくすることができます。

建材に安全性を持たせる

3つ目の目的は、建材に“安全性を持たせる”ということです。2点目と似ていますが、防音や防水などの防◯◯効果ではなく、耐衝撃や耐塩分といった耐〇〇効果を持たせることで、外部のダメージから建材を守り、安全に長く使用できるようにします。

建材を美しく魅せる

最後の目的は、建材を“美しく魅せる”ということです。これは最も分かりやすいかもしれません。光沢のある塗料で光るように見せたり、模様のある塗料で装飾したり、塗装することで美しく魅せることができます。

大阪で特殊塗装なら有限会社関西美装工業へご依頼ください。

撥水・防水・親水の違いとは

塗料について説明する男性

さきほどの2点目に、防水など機能を付加するという目的が塗料にはあるとご紹介しました。この防水について、よく聞く似たような言葉として撥水がありますが、違いはご存知でしょうか。

特殊塗装で使用する塗料の効果を知っていただくため、ここでは、撥水と防水、そして親水の違いについてご紹介します。

撥水とは

撥水は、撥(=はねかえす、はじく)の意味の通り、水を弾くということです。雨や水が建材に当たっても、浸透せずに流れ落ちるようになります。また、撥水剤の特徴として、建材の表面にコーティングするのではなく、建材に浸透させることで撥水効果をもたせます。

防水とは

防水は、撥水とは違い、建材の表面にコーティングすることで水が建材に浸透しないようにする塗装方法です。

親水とは

最も分かりづらいのは親水です。親水と聞くと水が浸透しやすいのでは?と感じるかもしれませんが、水になじみやすいというのが正確な表現です。水になじみやすくすることで、雨が降った際などに外壁に付いた汚れと一緒に水が流れやすくなり、セルフクリーニング効果を得ることができます。

このように似たような言葉でもかなり意味は違っているため、塗料を選択するときには注意しておきましょう。

特殊撥水塗料と高強度塗料とは

最後に、特殊撥水塗料と高強度塗料という特殊塗装についてご紹介します。塗装の役割である、守ることや機能を付加する代表的な塗料です。

特殊撥水塗料

撥水はさきほどご紹介した通り、水を弾く効果を得るものです。撥水塗料は、表面に見えないくらいの細かな凹凸を作り水を弾きます。分かりやすく言うと、ハスの葉と同じような原理です。付随的な効果として、凹凸があることでシールのような粘着のあるものもくっつかなくなります。

高強度塗料

高強度はさきほどご紹介した、機能を付加したり安全性を高める効果を得るものです。高強度塗料はステンレスフレークを鱗状に表面に施すことによって、防錆、耐食に強い高強度の塗装です。

大阪で特殊塗装の依頼なら有限会社関西美装工業へ

塗料や塗装の役割、撥水・防水・親水の違い、最後に特殊塗装(高強度・撥水)の効果についてご紹介しました。建材やその利用目的に合わせてどのような効果・機能を付加するかを適切に検討することで、長く求めた効果を得ることができます。

大阪で特殊塗装をご検討していましたら、東大阪市の有限会社関西美装工業へお気軽にご依頼ください。まずはどのような場所に使う想定をされているのか、ご相談いただければと思います。

大阪で特殊塗装を行う業者をお探しなら有限会社関西美装工業へ

会社名 有限会社関西美装工業
代表 山岸 勇介
住所 〒577-0063 大阪府東大阪市川俣2丁目5-17
TEL 06-6782-0037
FAX 06-6782-0103
URL https://www.kansai-bisou.com
事業内容 焼付塗装
資本金 700万円
設立 1971年2月